劇場のリオープンに向けて着々と。演劇用語発音記号pdf


アメリカで発音矯正を必要とする日本人の中には、俳優さんや俳優を目指す人、演出家や劇場の裏方さんとして働く方も少なくありません。


例えば、メトロポリタンオペラのカツラ担当の方が、毎日使う“rehearsal”

が全く通じない(^^;; というようなことが、アメリカでは当然の如く起きてきます。


恥ずかしいことではありません。カタカナ英語は日本語の音と日本語のリズムをつくります。それは英語ではないのです。

通じること自体、単なる偶然、単なる奇跡です。

相手が偶然、個人的な経験から、日本語鈍りに通じていただけです。


全ての劇場が一時閉鎖されたニューヨークの劇場街で、リオープンを心待ちにしているのは俳優たちも同じです。


裏側では、リオープンに向けて、オンラインのコースなどで演劇のテクニックのトレーニングを続けている俳優たちがたくさんいます。


そんな方たちのために、今日は演劇用語の発音記号表をシェアします^_^

必要な方はメールで

info@slidemethod.com

にご連絡くださいね。


「演劇用語pdf」と、タイトルを書いてください。





130回の閲覧