• モリヤマハルカ

日本語訛りの原因となる表情筋


ご覧のように、人間の表情筋は、相当複雑です。

これらの表情筋を咀嚼筋と舌筋にまで強く連動させ発せられる、日本語という言語。

実はこの筋肉連動は言語的に分析すると特殊なものです。その連動を意図的に解く動きが、スライド(筋膜スライド)なのです。

その動きがどれほど重要かって?

日本で生まれ育った大人にとって、「筋膜スライド」は、本質的な英語の舌の動きを可能にする、唯一の方法なのです。


114回の閲覧