• モリヤマハルカ

筋ゆる練習のススメ


こんにちは。

スライドメソッドのモリヤマです。

日本語環境で育った大人が英語発音を学ぶ場合、

重要なギアチェンジがいくつかあります。

あごを開ける方角、

唇周りの筋肉状態、

舌の筋肉状態、

頬の位置、

それに加えて、

天窓(軟口蓋)のコントロールから

呼吸法、発声法のギアチェンジまで。

これらを全部変えないと、

どうしても日本語訛りが抜けないばかりか

英語に近づくことすらできないなんて

気が遠くなりますよね。

ところがスライドメソッドでは

1日2分の筋ゆる練習を

矯正プログラムの初めから紹介することで

矯正開始から二週間以内に

それらを感覚で自然に切り替えられるようになります。

11月はこのブログで

その「筋ゆる練習」と「基本位置」について

少しずつ説明していきたいと思います。

詳しいガイダンスは

動画にもまとめられています。

来年クロスメディア・ランゲージより出版の

「ゆっくり喋ってもネイティブ」(仮題)

と照らし合わせて、ご利用ください。

どうぞお楽しみに。


77回の閲覧