facebook-domain-verification=30zxcqbq7925t2mtt6tybfxatbs30t
 
  • モリヤマハルカ

スライドはどのように舌を緩めるのか


スライドメソッドで矯正を受けた人なら  

皆さん経験からご存知ですが、

スライドは

驚くほど舌を緩めます。

だから日本人がスライドをすると

はじめて

英語の舌の動きが可能になります。

ではなんで? って

不思議ですよね。

何が引き金となって

スライドは

舌をここまで簡単に

緩めるのでしょうか。

これは私が17年間独自に研究した

驚きの手法及び

コンセプトです。

スライドは

下唇の斜め下から

上センターに向かって

皮膚と筋膜をずらす(滑らせる)ことで

口の内側の横の壁

(下唇周りや頬の内側)をも

上センター(鼻の方角)に集めます。

これは

口角を下げる口角下制筋と

下唇を元気に動かすオトガイ筋が

咀嚼筋の動きまで

コントロールしていた連動を

強制的に解きます。

同時に

口角下制筋が下げていた頬が

筋肉の引っ張りから解放されるので

頬骨に向かって

頬の肉が上に浮きます。

(口角挙筋や小頬骨筋で頬を上げないように

注意が必要です。

ここで頬を上げるためにサポートする

わずかな筋肉は大頬骨筋のみです。)

余談ですが

こうして

英語を話す顔は

日本語を話す顔より

頬が目立ち

あごが長くなります。

逆に日本語を話す顔は

頬を下げ

あごを上に引き上げることで

四角くなりがちです。

スライドによって

オトガイ筋

(あご上の梅干し)も

皮膚と筋膜が上に滑ったことで

解かれ

連動していた咀嚼筋を解放し

あごが内側で

斜め下後ろ方角に

ストンと落とされます。

ここで重要なポイントは

上唇を上に休ませることです。

なぜなら

上唇の内側(口輪筋内側)が緊張すると

表情筋が連動して

日本語状態に戻したい

衝動に駆られるからです。

このような日本人だけの持つ

習慣的筋肉運動の誘惑もあるので

日本人はネイティブスピーカーの

まねをしても無理なのです。

日本語の連動を回避するために

厳密に筋肉状態を理解し

覚えてしまうことが必要です。

そのために

上唇を解放する練習が

「妖怪ほぐし」です。

上唇両脇を指で掴み

上斜め前に引っ張り

ぐるぐる回して麻痺させ

あごの開閉をする

練習です。

これで

あごが表情筋と無関係に

落ちることが可能になり

その感覚を覚えるのです。


下唇の周辺と頬の内側の

皮膚と筋膜が

上センターにずらされることで

内側の筋肉が解かれ

ビヨーンと伸び

骨(あご)が皮膚と別々に

単独で動くようになります。

それが「筋膜スライド」の目的と