• モリヤマハルカ

リスニングの影に隠れる、発音コンプレックス


日本の書店では、

英語学習コーナーの

リスニングセクションのほんの一部に

ひっそり並ぶ発音の本。

ロングセラーは

これまでたったの2冊とのこと。

でも出版関係者曰く、

日本人の本当のコンプレックスは、

発音にあるそうです。

それもそのはず、

英語発音ほど、

根本的な情報が

日本の教育に欠落している分野は

ないでしょうから。

問題は、

英語教育者自身が、

実は英語発音を外側からしか知らないで

テキストブックを書いている例が

あまりにも多いのです。

その様な本は

アメリカ人が英語で書いたものを

訳した情報を頼りにしているので、

日本人特有の

筋肉連動とは

無関係の視点から

書かれています。

実際のところ、

日本人の発音矯正は

他のどの民族の矯正とも

異なる方角で

賢く進める必要があるのです。


54回の閲覧