facebook-domain-verification=30zxcqbq7925t2mtt6tybfxatbs30t
 
  • モリヤマハルカ

ニホンザルとオランダ人


沖縄の琉球新報で書籍を紹介していただけることになり、 

記事がインタビュー形式になるため、

今夜はドキドキインタビュー。

どんなドキドキかというと

記事を書いてくれるインタビュアーの記者は

私の古ーい高校時代からのお友達。

長い人生の間に彼女とは、ニューヨークとパリでも合流したことがあり、パリからアムステルダムに電車で旅したことも。

アムステルダムでは、昼下がりに暇つぶしに一緒に動物園に行きました。

毛繕いし合うニホンザルを眺めながら、ヒョロッと細長く空に浮く風船のようなオランダ人より、こいつらの方があたしたちによっぽど近いよねえ、と心の底から語り合った日が懐かしいです。

琉球新報を購読されてる方、是非私たちのインタビュー記事を探して、SNSでシェアしてくださいね。19日に掲載される予定です。

あ、ニホンザルの習性を語るインタビューじゃないです。日本人の「英語発音の壁」の真髄に触れます。真髄です。

モリヤマハルカ


最新記事

すべて表示

ご質問:「manhattanやbuttonなどの発音ができてる方だと思っていたのですが、動画で先生がご指摘にされてるように、もしかしたら嘘っぽく聞こえているのかもと気になりました。それを自分でチェックする方法はありますか? 回答: 嘘っぽく聞こえてしまう場合、大抵以下の三つの中のどれかが当てはまります。 1)tからnまでの間舌は全く動かないはずなのに 舌先が一旦動いてしまっている。 tの舌裏に溜ま