facebook-domain-verification=30zxcqbq7925t2mtt6tybfxatbs30t
 
  • モリヤマハルカ

スライドでシャドーイングが楽になる理由


シャドーイングを勉強中の方が

スライド練習をすると

突然シャドーイングが楽になる

というご報告をよく受けます。

今日はその理由について

簡単にご説明したいと思います。

まず、日本語の口の開け方だと

顎が舌の動きと連動するので

一音一音発するのに時間がかかります。

口を部屋と考えてみましょう。

舌を動かすたびに

床ごとガタガタ

地震を起こしているのですから、

大掛かりなことになってしまいます。

そしてその顎の動きは

舌をも固めてしまう筋肉連動を

引き起こします。

そのために、

本来ならば馬の尻尾のように

しなやかにピンポイントでうごくはずの舌が

固まって顎ごとガタガタぎこちなく動く

日本語の様なメカニズムに

切り替わってしまうのです。

スライドは

その筋肉連動ごと解いてしまうので

顎が自然にぶら下がり

舌が緩み

舌だけがピンポイントで動くことを

可能にするので

自動的に

シャドーイングを助けます。 

つまり

スライドは日本人の英語を

本来の英語のリズムに直してくれる

特効薬なのです。

スライドメソッド

モリヤマハルカ


最新記事

すべて表示

ご質問:「manhattanやbuttonなどの発音ができてる方だと思っていたのですが、動画で先生がご指摘にされてるように、もしかしたら嘘っぽく聞こえているのかもと気になりました。それを自分でチェックする方法はありますか? 回答: 嘘っぽく聞こえてしまう場合、大抵以下の三つの中のどれかが当てはまります。 1)tからnまでの間舌は全く動かないはずなのに 舌先が一旦動いてしまっている。 tの舌裏に溜ま