In a city that doesn’t sleep?

November 3, 2017

 

 

ニューヨークは眠らない街だなんて、フランク・シナトラのいた大昔から言われていますが、我が家はいつも22時にはいそいそと消灯。こんな時間に外を出歩く人たちの気が知れません。意識が遠のく時間に暗い夜道を歩くのは、足元が危険ではないのでしょうか。

 

とは言え本当にニューヨーカーは眠らないのかこっそり確認してみようと、時計の針が22時と少しを回った頃、いつもは締め切った寝室のカーテンを、そっと開けてみました。

 

と、、、、なんと眩しいこと。これなら夜道の足元も大丈夫そうです。やっぱり起きてる人たちがいるんですね。

 

そういえば睡眠時間がずっと4時間とか仰る生徒さんもいらして、カモミールティーでも飲み、ゆっくり心も体も沈んでいくべき夜の8時に、濃いコーヒー片手にキラキラの目でレッスンにいらっしゃったりするので、もう私の脳の理解を超えます。

 

時差ボケでもあるまいし、一年中眠れない、眠らないとは、どういうことなのでしょうか。想像するだけで、こちらの胃がぐるぐる回り出します。

 

こんなことを書いている内に、今日はすっかり夜更かししてしまったので、ここで失礼致します。発音ブログとは名ばかりの、単なる日記でした。^_^

 

スライドメソッド

モリヤマ

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

Cocktail Menu

June 28, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 29, 2019

September 8, 2019

July 20, 2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic