スライドメソッド開発/講師のモリヤマハルカが

講座等で伝授した「発音矯正に役立つお宝アドバイス」や

「今後のイベント情報」などを公開しているメルマガ登録はこちら

こんにちは、モリヤマハルカです。

 

あなたにも必ずネイティブのような

英語の発音ができるようになります。

 

正しく練習すれば、

日本人がネイティブの発音を身につけることは、

可能です。


 

>>スライドメソッド開発/講師のモリヤマハルカが、講座等で伝授した発音矯正に役立つお宝アドバイスや、今後のイベント情報などを公開しているメルマガ登録はこちらから

英会話を学び、楽しみに出かけた大好きな国アメリカ

スタバに入ってコーヒーを頼んで

そうだ!お水も、と思って「water」って言ったけれど

「Excuse me?」と聞き返された

waterってウォーターじゃないの?

カタカナをふって勉強した発音はウォーターなのに

3回まではがんばったけれど

言えば言うほど、何かがおかしいみたいで

後ろに並んでいる人たちもいたから

そんなやりとりを聞かれているのが恥ずかしくて

声も小さくなっちゃって

店員さんにも

「どうしていいのかわからない」と

両手を上げて肩をすくめられてしまった

もういいや...

「It's OK. 」と言ってあきらめてしまった...

 

夜に行ったレストランでも同じ...

今度は仕方ないから

「w-a-t-e-r」とひと文字ずつ伝えて

お水は手に飲めたけれども..

こんな調子の海外での日々

楽しいはずが、自分の発音が伝わらないせいで

落ち込む毎日

相手が聞く耳を持ってくれたり

同じアジア人だとなんとかなったけれど

ネイティブ相手だと通じない

私のカタカナ英語

アメリカでネイティブと知り合いたい

友だちを作りたい

彼らのことを知りたいし

私のことや日本のことも

もっと知ってほしい

そんな夢を見ていたけれど

こんなにカタカナ英語が伝わらないなんて

思いもしなかった

これじゃあ友達どころか

​生活さえもままならない

これから大丈夫かな...

これは私の生徒さんの一例ですが、

今このページを見てくださっているあなたにも、

似たような経験があったり、

想像できたりするシーンではないでしょうか?

英語は学んだけれどカタカナ発音のために


・言っていることが通じない

・聞き返されることが多い

・相手の言っていることが聞き取れない

・RとLの違いが伝わらず誤解される

・海外に長く住んでいるのに発音には自信がない

・私が話し出すと、なんだかみんなが笑っているように思う・・・

・欲しいものが手にできなくて泣き寝入りした自分が情けない

などなど...

ここには書ききれないほど

たくさんの切実な悩みを私は聞いてきました。


「カタカナ英語が通じない」

それはあなたのせいではありません。

それは日本の英語教育のせいなのです。

 

日本語を話す口のままで、

英語を話すことに無理があることを知らずに、

英語の音だけを真似て英語を話そうとする、

という方法を取ってきた、

その教育に問題があるのです。

さらに、まったく違う音なのに、

カタカナを英語の単語にふって読ませられた、

あの日本の教育のせいです。

実は、

日本語を話す私たち日本人の口と、

英語を話すネイティブの口には、

はっきりとした違いがあります。

だから、カタカナ英語で話そうとするかぎり、

日本語を発音している同じ口のままで発音しているかぎり、

出てくる英語の音は、

本来のネイティブが話している音とは

まったく違う音になってしまうのです。


「じゃあ、一体どうすればいいの!

口が違うなら、

そもそもで改善などできないのでは?」

と思われたかもしれませんが

それが可能なのです。

生まれた時の人の口はみな同じ.

どの環境で育つのかによって

日本では日本語を話す口

アメリカでは英語を話す口というように

その言語にあった発達を

人間はして成長します。

その過程はトレーニングと同じ

だから、今からでもトレーニングによって

身につけることが可能です。

完全な日本語を話す口を身につけた私たちが

その日本語を話すための口の使い方を

簡単なトレーニングで

ネイティブ発音の口の使い方に

変えてしまう方法

それが

最強英語発音メソッド『スライドメソッド 』なのです。

 

>>スライドメソッド開発/講師のモリヤマハルカが、講座等で伝授した発音矯正に役立つお宝アドバイスや、今後のイベント情報などを公開しているメルマガ登録はこちらから

  

このメソッドでは一番最初に

日本人が日本語を話す時に使う筋肉

顎(アゴ)と舌を連動させる顔の3つの筋肉をゆるめ

英語を話すためのゆるい筋肉と舌の使い方を

練習します。

なぜなら、

そしてその日本語を話す時に

私たちが使っている3つの筋肉のつらなった動きこそが

ネイティブのような英語発音を

じゃましているから、です。

それは音真似とは違い

口の中に物理現象を起こすトレーニング

英語の発音をするために

もう一度、自分で自分の口に

動き方を教えてあげるのです。

だから誰にでもできます。

日本語を話す口から英語を話す口に

アゴを落とし

口の周りの筋肉をツルっと滑らせるので

スライドと呼んでいます

慣れれば一瞬でできるのようなり

それはまるで

車や自転車のギアを

一瞬で変えるようなものです

英語を話す時に、息を吸いながらギアチェンジ!

これで、ネイティブ発音の口の構えは完了!

 

このギアチェンジを身につければ

発音矯正の95%は完了です!

この状態は日本語を話す口からは考えられないほどに

ゆるゆる、ぶらぶらした感じですが

この感じが、あの、ネイティブのように

RとLをはっきりと出すための

しなやかな舌の動きを可能にします。

 

さらに、一度身につけてしまえば

身体(口)が覚えているので

忘れることもありません。


 

私自身、24歳で

カタカナ英語を話す状態で渡米して

発音のために、笑われたり、悔しい思いをして

救いを求め、ニューヨークの本格発音矯正の

ドアを叩きました


 

4年後には発音指導の免許皆伝を受け

そこから20年以上

日本人の口とアメリカ人の口を研究し実証するなかで

このメソッドは開発されました

 

ニューヨークの英語社会で

通じない悩みに苦しむ日本人を支え続け

結果を出す発音の駆け込み寺として

3000人以上の発音の悩みを解消してきました


 

こちらからスライドメソッド体験者の声をお読みいただけます

日本人のあらゆる口のタイプを知り尽くしています

 

一緒にやれば あなたも必ず

ネイティブのような綺麗な発音で

話すことができるようになります!

 

>>スライドメソッド開発/講師のモリヤマハルカが、講座等で伝授した発音矯正に役立つお宝アドバイスや、今後のイベント情報などを公開しているメルマガ登録はこちらから