facebook-domain-verification=30zxcqbq7925t2mtt6tybfxatbs30t
 
  • モリヤマハルカ

英語発音 - Princeton


そういえばその昔、NJのプリンストンから毎週レッスンに通われていた方がいらっしゃいましたが、いよいよそのプリンストンとやらに初めて、パフォーマンスの仕事で行くことになりました。

プリンストンの公共図書館のガラで、ソロのパフォーマンスを頼まれたのです。

プリンストンとニューヨークのトップ有力者が400人集まるガラの会場で、何か一人でやってくれと言うので、何かの縁かなと軽くオッケーはしたものの、調べてみたらこりゃ遠いですね。

バスで片道2時間近くかかり、半日がかりの遠足になってしまいました。そんな遠くから毎週レッスンに通ってくださったxxさん、改めまして、有難うございました^_^

そんなわけで今日はPrincetonの発音です。

何音節ですか?

2音節ですね。

日本人が飛ばしがちな音は、二つのn音です。最後のn音は勿論のこと、s音の前にもしっかりn音の舌を通る努力が必要ですね。

そしてもちろんr音。子音のr音如きで、ビートを打ってはいけません。音節が生まれてしまいます。

次の母音(as in it) に向かって飛んでいきましょう。

発音音声リンクは以下です。

https://www.merriam-webster.com/dictionary/Princeton 

スライドメソッド

モリヤマ


最新記事

すべて表示

あの日から、2年が経ちました

こんにちは^ ^ スライドメソッドの モリヤマハルカです。 ちょうど2年前 2019年の7月26日は 記念すべき日です。 スライドメソッドの オンライン会員制発音クラブの構想を胸に まずは一夏の無料講座 「10-10Live」を始めた日なのです。 相手の顔が見えないライブレッスンは どのように参加者とコミュニケートすれば良いのかも ずいぶん悩みましたが 「今できることだけやれば良い。続けるうちに必

Excuse me が通じない、実はネイティブには恐ろしい言葉に聞こえる理由とは

😱日本人の“Excuse me”がネイティブには恐ろしい言葉に聞こえる理由とは… 今週の10分ライブ講座「本物志向の英語発音•リスニング」ではこの秘密と簡単な解決法を教えます。 FBページ「スライドメソッド」とYouTube チャンネル Slide Method にて NY時間火曜朝8時半(日本の夜9時半)より10分間放映されます。 https://youtube.com/channel/UCI