英語の喉と腹式呼吸


前回は 英語発声の喉の状態は リラックスしていて 日本語よりも開いていると 説明しました。 今日は クリアな英語発音に不可欠な腹式呼吸について お話しします。 日本人であれば大抵 胸式呼吸で 声帯を多少絞り 鼻に息を漏らしながら ぼんやりした声で話します。 障子に沁み込むような 優しく繊細な音色です。 でも残念ながらそれは 英語とは相性の悪い 発声法なのです。 その発声法のまま声を大きくしても 演歌や民謡、車掌さんのアナウンスにしかなりません。 それを 英語に必要な 腹式呼吸と開いた喉、そして鼻に漏らさない 英語の発声法に変えるための 簡単なエクササイズを紹介します。 (理想的には)仰向けに寝転び お腹の上に手を置きます。 そしてお腹が出来るだけ呼吸と共に動くように のんびりとゆっくりと 深呼吸します。 息を吸う瞬間に お腹がブワッと膨らむのを確認します。 もしこの 呼吸とお腹のリズムにズレがあったり どうもはっきり膨らみが感じられないと思ったら、 もう一つの手を胸の上に置き 息を吸う瞬間に そっちが代わりに膨らんでいないか 確認します。 両方ふくらますのでなく お腹だけを膨らますには どのような感覚で 呼吸したらよいか 呼吸感覚を色々試してみましょう。 呼吸とお腹が繋がったら今度は お腹をへこます瞬間に 口から息を出します。 深く長く 息を出します。 同時に鼻をつまんでみましょう。 鼻をつまんだ指に抵抗して 息が鼻から出ていたら これまた 私が「車掌さん」と呼んでいる 日本語発音を招きます。 お腹と呼吸が繋がったまま 息は全て口から出る状態を作りましょう。 こんどはその息に合わせて あくびのように声を出してみましょう。 日本語に比べると 喉がゆるく開いた感覚が分かるかと思います。 腹式呼吸を感じながら 鼻に息を漏らさない、つまり息を口に100%送る。 すると日本人でも不思議なことに 喉の筋肉がゆるみたくなり 鮮やかで真っすぐな 英語発音の発声法で 声を出しやすくなることが多いのです。 スライドメソッド @ Times Sq モリヤマ


475回の閲覧