facebook-domain-verification=30zxcqbq7925t2mtt6tybfxatbs30t
 
  • モリヤマハルカ

英語ではノーノーよ、この口の開け方!


日本語では当たり前に見かける

この口の開け方、


英語で使うと舌が固まり、

立派なカタカナ英語になってしまいます。


問題なのはどこだか分かりますか?


下唇の上の線を見てみましょう。

深いV字になっていますね。

オトガイ筋(梅干)が

キュッと舌を固めている証拠です。



次に、上唇の下の線を見てみましょう。

スッキリ伸ばされ直線になっています。

これは鼻の下下に伸びている証拠。


これも日本語連動の引き金となります。



このように唇のラインを見ただけで

英語発音を邪魔する筋肉連動が

ONかOFFかを、

はっきりと見極められるのです。


次回は違う口のタイプを説明しますね。


ちなみに安全な口の形は?






最新記事

すべて表示

Q:Manhattan button等の発音の正誤確認方法

ご質問:「manhattanやbuttonなどの発音ができてる方だと思っていたのですが、動画で先生がご指摘にされてるように、もしかしたら嘘っぽく聞こえているのかもと気になりました。それを自分でチェックする方法はありますか? 回答: 嘘っぽく聞こえてしまう場合、大抵以下の三つの中のどれかが当てはまります。 1)tからnまでの間舌は全く動かないはずなのに 舌先が一旦動いてしまっている。 tの舌裏に溜ま