• モリヤマハルカ

英語ではノーノーよ、この口の開け方!


日本語では当たり前に見かける

この口の開け方、


英語で使うと舌が固まり、

立派なカタカナ英語になってしまいます。


問題なのはどこだか分かりますか?


下唇の上の線を見てみましょう。

深いV字になっていますね。

オトガイ筋(梅干)が

キュッと舌を固めている証拠です。



次に、上唇の下の線を見てみましょう。

スッキリ伸ばされ直線になっています。

これは鼻の下下に伸びている証拠。


これも日本語連動の引き金となります。



このように唇のラインを見ただけで

英語発音を邪魔する筋肉連動が

ONかOFFかを、

はっきりと見極められるのです。


次回は違う口のタイプを説明しますね。


ちなみに安全な口の形は?






97回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示